精子 運動量低い シリンジ法

精子の運動量低いが妊娠をすることができたシリンジ法

シリンジ法で妊活

男性不妊で悩まれた夫婦のケースになるシリンジ法の体験記です。

 

 

私は昨年、シリンジ法で妊娠をして初めての出産をしました。
なかなか妊娠をすることができず辛い日々を過ごしてたのですが、今はとても幸せです。
不妊の原因、それは精子の運動量低いということにありました。

 

 

お互いに子供が欲しいという思いがあったので
基礎体温をチェックしてタイミングをみて性交をしたのですが、
なかなか妊娠をすることができませんでした。

 

 

それで夫と一緒に病院に行き検査をしたところ、
精子の運動量低いということがわかったのです。
クターの指導のもと、
再度タイミング療法にチャレンジしたものの妊娠をすることができず
人工授精をするかどうかで悩んでいました。

 

 

 

そんな時にシリンジ法のことを偶然知り試したところ、
わずか1回で妊娠が判明しとてもうれしかったです。

 

 

 

一般医療機器として認可を取得!
シリンジ法キットの膣内に挿入するシリコンゴムの
「カテーテル」は一般医療機器として認可を取得済み!
日本製で安心!!

 

 医療機器製造販売届出番号:13B3X10179000001

 

組み立て簡単!1分で完成
組み立ては「カテーテル」と「シリンジ」を組み合わせるだけ。

 

 

 

 

 

精子の運動量低いということがわかったとき夫はとても沈んでいて、
シリンジ法にトライすることに積極的ではなかったもののチャレンジをして良かったです。

 

 

もう少し生活が落ち着いてきたら、
またこのシリンジ法を試してみたいと思っています。
自宅で簡単にできるシリンジ法で人工受精にチャレンジ

 

 


妊活をあきらめないで不妊治療をやめて自宅で自然妊娠できます。




妊婦経験者が開発した
葉酸のサプリメントですね。
葉酸サプリは「厚生労働省も認可」の成分で安全性も高いです。






精子の運動量低いが妊娠をすることができたシリンジ法関連ページ

男性不妊で夫が取り組んだデジタル機器の接し方と運動
妊活中に夫がお医者さんから「精子の運動率が低すぎる」と指摘され不妊と診断されました。「どうしても子供が欲しい」一念で取り組んだデジタル機器の接し方と運動の実践を教えます。