不妊症 症状

不妊症の症状

不妊症の症状

 

 

赤ちゃんが欲しい

 

不妊症を乗り越えていくことって
簡単でも生易しくもありませんよね。

 

 

だけどやめてしまった時が・・・不妊改善もやめてしまう時です。
続けるには不妊症の知識も理解しておいたほうがいいですよ。

 

本やテレビなどでも ためになる内容のものがありますが、
ネットでそれらをまとめて
さらに効果の高い方法だけを厳選できるように
妊活サイトとして中身の濃いものにしていこうと考えています。

 

 

そんな思いで妊活しているカップルに
ひとまず、
不妊症の症状の知識をわかりやすく説明できるページを作りました。

 

 

●実際の私の不妊体験●
不妊で苦しんだ実体験


妊活をあきらめないで不妊治療をやめて自宅で自然妊娠できます。




妊婦経験者が開発した
葉酸のサプリメントですね。
葉酸サプリは「厚生労働省も認可」の成分で安全性も高いです。






知っておきたい不妊症症状記事一覧

女性が原因のケース としては・・・女性の不妊症の原因のほとんどのケースとして子宮内の血液の循環が悪くなって血液がうまく流れていないのでホルモンの分泌が悪くなってきます。そのため大きくて立派な卵子が成長しないことが原因のようです。黄体の機能が悪くなると子宮内膜の状態が悪くなってきます。せっかくの受精卵が子宮内膜に着床しずらくなるという悪循環がもたらしてくるのです。私の場合もそうでしたが・・・着床しな...

日本での不妊症の割合はおおよそ10人に1人の割合で悩まれている方がいるそうです。ましてや現代の文明の発達がもたらしている電子機器の多用化が、意識のないところで電磁波として男女問わず人間の身体に害を及ぼしているのは、否定できない事実です。「携帯電話やスマートフォン」をズボンのポケットに入れて持ち運ぶ男性にむしばむ・・・電磁波の精子への影響。女性の仕事での高キャリアによる男性顔負けの激務のためのホルモ...

妊活に大切な13の栄養素が、無駄なく吸収される!ということで現代社会の中で妊活に取り組んでいるカップルに共通して言えることは・・・ストレス過多ゆとりのない暮らしデジタルライフこれらの時代のもたらした現象が、人間の自然な原理にブレーキをかけているのです。妊活中カップルに大切な13の栄養素がすべて含まれた新時代妊活サポートサプリメントKODAKARAコダカラ5月末までに申し込むと10日間トライアルセッ...

LH「Lutenizing Hormone」とは・・・黄体化ホルモン黄体刺激ホルモンと言います。卵巣には・・・卵胞というものが存在します。卵胞は、卵巣を刺激することで発育を促すというはたらきをするという性質があります。発育した卵胞の卵が成熟していくと・・・卵胞ホルモンが増量するのです。卵胞ホルモンのことをエストロゲンと言います。⇒下垂体機能の判定する基準FSH「Follicle Stimulati...

基礎体温ならば自宅にて自分自身でできるから手っ取り早く取り掛かるのにまるっきりリスクなくできます●正常二相性●月経の始まった直後から2週間までの低温相終了後…2週間にわたる高温相時期に突入します。そして再び低温相になったときに同時に月経が来るパターンを正常二相性というのです。●異常二相性●月経が始まってから・・・2週間以上たってから遅れて高温相になる状態や高温相が10日以下で短かく終了したりと不規...

排卵障害の治療として医療機関が実施しているのが排卵誘発法という方法です。まずは・・・排卵障害の前に排卵がどのようにおこるのか?考えてみましょう。どのような仕組みで排卵が発生するのか???視床下部という場所が脳内のホルモンの中枢にあるのです。この視床下部からGnRHというホルモンが分泌されます。脳内ホルモン中枢にある視床下部のすぐ下にある脳下垂体を刺激されると・・・脳下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモ...

排卵誘発法は、どのように実施されるのか?それは・・・くどいようですが・・・妊娠が成立するためには排卵しなければならないのです。けれどもこの排卵がスムーズにすんなりと発生しない状態の人、さらには全く排卵が始まらないため妊娠しない人などに医療機関によって薬や注射によって排卵をおこさせる方法のことを排卵誘発法といいます。排卵誘発法の対象になる人は・・・全く排卵がおこらない状態が続いて月経が3ヶ月以上止ま...

不妊治療の注射って定番の嫌な壁だったのに・・・自宅でできるようになったのは大きいですね。自宅でできるということは???つまり自分で自宅で自分の都合でできるということになります。この自宅不妊治療注射は?既に世界中の女性が在宅自己注射として実践していて・・・EU オーストラリア カナダ アメリカ合衆国 などなど・・・やっと日本でも実践できるようになったのですね。私も最近・・・3人目の出産を終えてから、...

排卵障害が起こった場合・・・卵巣に原因が見られた場合・・・早発閉経という場合もあります。この早期閉経という症状に診断された場合は・・・若年性の閉経です。不妊症で絶望的なモノは・・・40歳未満で月経が止まってしまった若年性の閉経です。多嚢胞性卵巣症候群という症状は・・・若くして排卵障害がたびたび見受けられる人。若年性閉経の疑いがかかります。この場合は、シッカリと医療機関で検査をしてもらうことが先決に...

ホルモンの中枢になっている視床下部への良い刺激のための排卵を促進する薬のことをクロミフェン、エストロゲン受容体モジュレーターと言っています。病院で処方されるクロミッドセキソビットなどの内服薬に使われるこれらの薬は比較的軽症の排卵障害に用いられます。2つの排卵誘発剤で病院で使用されているものは・・・?hMG製剤という排卵誘発剤卵巣を刺激して排卵を起こさせるのがhMG製剤になります。hMGテイゾーやフ...

排卵誘発剤 の自己注射ってお医者さんからもらってきた自分で打てる注射です。打つ場所はお腹です。ゴナールエフという皮下注ペン型の安全性の高い注射。一度使用したらスグに使用済みの針を専用の容器に廃棄して血液感染を防ぐもの。針が通常以上に細いから、自己注射未経験の人にも打ってみたら「痛くなかった」というようなくらいに「痛み」を極力、低下させる方向へ持っていった排卵誘発剤です。初めての人は・・・お腹に針を...

ゴナールエフとは、男女それぞれに使用される不妊の治療薬です。月経開始後3〜5日から1週間ほど毎日注射を打つ必要があり、毎日通院して打つか自宅での自己注射も可能です。実際の確立は明確には示されていないものの、成功率は受精の約30%が正常に妊娠という数字が出てきます。無排卵や卵胞が成熟しないで排卵する場合などの排卵誘発剤になります。ゴナールエフは、遺伝子組み換えヒト卵胞刺激ホルモン(FHS)製材といわ...

ゴナールエフを自分で打つ場所は、多くの場合腹部や太ももなどが勧められます。打つ場所は、毎回変えることが大切です。家族に打ってもらう場合は、二の腕やお尻なども対象範囲となります。注射器は、実のところ扱いに気を配ることが重要です。使用後の処分方法なども順守することが大切と言えます。投与時間は毎回ほぼ同じにする方が良いとされています。血液中の薬剤濃度を一定にするためにも、このような投与時間の工夫をするの...

子宮の内側にある子宮内膜が・・・子宮の内側以外の場所に増殖繁殖してその場所で炎症や痛みや剥離を繰り返していく厄介な病気です。女性全体の10人に一人の割合でなる怖い症状です。子宮と直腸の間の痛みを感じたら要注意ですね。卵巣チョコレート嚢胞ともいいますね。子宮内膜症の疑いがあれば!婦人科の受診ですね。子宮内膜症の症状をチェック生理痛の痛みの悪化セックス時の奥の子宮の痛み排便時の肛門奥の痛み生理でないの...

肝斑があると不妊になるという言い伝えがあって、鼻の下に肝斑がある女性の肝斑を子宮性肝斑と呼んでいます。特に不妊で悩まれている人には・・・神経を病む肝斑になります。女性主体の仕事や女性のみの職場など・・・女性が活躍する現場にある精神的な負担や生活習慣の異変からくるホルモンバランスの崩れ・・・肝斑の不妊症との関係は・・・ホルモンバランスの関係ということが、調べてみたらわかりました。医療機関(産科)など...

肝斑薬 って不妊に効果があるのか???肝斑ができても赤ちゃんできるのか???妊娠前の肝斑ができても赤ちゃんできる???肝斑の原因ということで特に重要視されているホルモンバランスを正常化することが!大きく取り組まなければいけないことだということ。仕事や育児。家事。親の介護。夫婦の事情。家庭の経済事情。など様々なストレスから体調や心の調和がとれなくなってホルモンバランスが崩れることは・・・現代の社会の...

排卵誘発剤の副作用主な排卵誘発剤の副作用として多胎妊娠という妊娠状態と卵巣がはれたりする卵巣過剰刺激症候群という症状があります。多胎妊娠クロミッド使用による多胎妊娠率(ほとんどが双子妊娠)の場合。妊娠に成功した人の5%になるようです。hMG製剤を投与しての多胎妊娠率が妊娠に成功した人の17.2%なるようです。排卵誘発剤のhMG製剤を使って100人が妊娠成功したと仮定すると・・・100人中17人は多...

医師が判断した軽い排卵障害の場合は!クロミッドによる排卵誘発剤投与後の排卵成功率は約80%と割と高めですね。ただし・・・妊娠をする妊娠率は約20%ということです。そして・・・自宅で注射のできない極めつけの重症の排卵障害の場合のhMG製剤の注射による排卵誘発でほぼ90%近くの方が排卵するということです。そして妊娠率も60%以上と非常に高くなります。あくまでも排卵障害以外に不妊下人がなければ!というこ...

多嚢胞性卵巣 Polycystic Ovarian Syndrome(PCOS)PCOS排卵が起きる時の状況。脳下垂体と呼ばれている脳内のホルモン分泌器官から2種類の性腺(卵巣)刺激ホルモン(ゴナドトロピン)が分泌されてから・・・分泌された2 種類のゴナドトロピン卵胞刺激ホルモンこれこそが!lhとfsh。FSHに黄体化ホルモンLHになります。排卵をスムーズに進めるためにFSHとLHのバランスよい分...

排卵障害の治療法として・・・様々な事例から原因に合わせた薬物療法だったり・・・手術療法が使われています。主に多い排卵障害としてホルモンバランスの乱れが原因の場合に用いられるのが、排卵誘発剤の投与。排卵誘発法での排卵障害の治療です。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という症状があります。卵巣内に卵胞が多くできてきてある程度まで卵子は成長するのですが・・・なかなか排卵が起こりにくいという卵巣の病気になりま...