妊活不妊改善「不妊治療」にかかる金額

妊活不妊改善「不妊治療」にかかる金額

不妊治療費助成金42!

多くの人が妊活・不妊治療を断念する理由は、高額治療費が原因

 

 

厚生労働省が定める
不妊に悩む方への特定治療支援事業によると・・・
夫婦の合計収入が、年間合わせて730万円未満の世帯には・・・

 

医療機関の医師から
体外受精や顕微授精以外には妊娠する可能性はない!
と診断書ベースで証明された場合。

 

申請すれば・・・
助成金として

 

年間2回支給で1回15万円もらえます。

 

これってずいぶんな高額助成金だと思いませんか?
これだけ助成金でカバーされれば
不妊治療費用に困らないでしょうね。

 

・・・
ちょっと!待ったああ

 

喜ぶのは・・・
治療費の額を知ってからですよ。

 

医療機関全国平均
タイミング治療・・・1回10000円を成功するまで年間5回受けられる=50000円
人工授精・・・1回65000円〜70000円を成功するまで3回受けられる=195000円〜210000円
体外受精・・・1回300000円×成功するまで3回受けられる=900000円
顕微授精・・・1回365000円×成功するまで2回受けられる=730000円

 

結局は…
不妊症と診断されれば、
タイミング法や人工授精などを飛び越えて
体外受精などになる場合もあります。

 

この時の
精神的経済的な圧力は
相当なものですよ。

 

私も打ちのめされました。

 

年間で100万円以上は猶予なくかかってしまいます。
だから・・・

 

途中で継続できなくなって
やめてしまう夫婦が多いんですね。

 

 

不妊治療を全部やったとして
最高で190万円近くかかります。
それでいて
助成金が年間30万円では・・・

 

まだまだ高額医療になりますね。
だから・・・
不妊治療を始めて
人工授精から体外受精あたりでやめていく夫婦も多いし。

 

 

逆にお金はあるけれど忙しい
芸能人や有名人夫婦などは、
不妊治療を病院で何年も実践されていますね。

 

 

病院の不妊治療を否定するつもりはないのですが、
私たち夫婦の実体験から、
病院での不妊治療をやめて
生活環境食事環境精神的安定などを変えていって
不妊症と診断されてから・・・

 

 

自然妊娠できたのですから。
どうやったら?妊娠できるの?

 

 

具体的な決め手はわかりません。
ただ・・・

 

 

リスクの少ない続けられる方法なら
あきらめないでいられるということです。

 

金銭的経済的な負担や
病院での待合室での
何とも言えない複雑な気持ちと
「今回は妊娠できたかな?」
という期待と不安にドキドキしながら・・・

 

 

「残念ながら今回は着床されませんでした。」

 

・・・

 

 

特に不妊治療の中でも価格が低くて
取り掛かりやすい
人工授精」は・・・

 

 

繰り返せば繰り返すほど

 

「なにやってんだろ?」

 

という気分にまでなります。
不妊治療の助成金も42歳までしか対応していないので。
年月がたてばたつほど、
経済的精神的に立ち直れなくなります。

 

 

 

 

そこで私は・・・自分の経験をもとに
リスクの少ない方法で、
「自然妊娠」をゴール到着点にした
まずは、誰でも手軽に始められる
方法から始めて

 

 

経済的にも精神的にも
このサイトから
ひとりでも多くの自然妊娠成功者が
誕生することを強く願っています。

 

不妊苦しみ自分で克服実体験

 

サイト管理人 リオコ

脱・不妊症 妊活成功者より

 

 

 

 

● 関連記事 ●

 

不妊治療でかかる医療費

 

妊活サプリを価格で比較してみたら・・・

 

 


妊活をあきらめないで不妊治療をやめて自宅で自然妊娠できます。




妊婦経験者が開発した
葉酸のサプリメントですね。
葉酸サプリは「厚生労働省も認可」の成分で安全性も高いです。